エラ削り

エラ削り・骨削り

1.エラ外版の骨削り

ラウンドバーで外板を削り、途中で溝を作っておきます。

エラ削り 骨切り

2.電動ノコギリ(オシレーター)で骨切り

下顎骨の外側面の骨皮質を切り落とすように、Bone Saw(電動ノコギリ、オシレーター)の先は下顎角に向かいますが、同部では内板を少し落とすようにします。

エラ削り 骨削り

3.ラウンドバーで馴らし

最後にラウンドバーで滑らかに削りますが、下顎角(エラの角)から前方に向かっては下顎骨下縁の骨を削ります。前方(顎)からは後方(エラ)に向かって切り上げる様にします。術式として最初に、ここの骨をスティック上に切り落とす場合もあります。

エラ削り 骨の解説 エラ削り 骨の解説 エラ削り 骨の解説

・付記

エラの骨切りは外板を落とす様に斜めに切り、下顎角部のみ内板を付けて切り落とすのです。
右端は切り落とした骨片です。