エラ削り

エラ削り・エラ切りの主目的は正面顔の小顔で、従来手術のエラの角だけ落しても

横顔の奥行がなくなるだけで顔の正面下が細くなりませんでした。これはエラの角より

前の部分が従ってエラの角から前方に向けて口角に近いところまでの下顎骨側面の外板を骨髄が

露出するまで削って効果を出します。同時に顎からエラに向けスティック状にも骨 削りします
(アングルスプリッティング法、サジタルスプリット法)。手術適応や術式、仕上がり、成功・失敗等について解説します。      

エラ削り
 エラ(下顎角)の診察と説明
エラ削り
手術前の撮影
エラ削り
エラ切り&エラ削り手術

エラ削り"

エラ削り。エラ切り手術は、しっかり&センス良く骨を削り、術後は腫れ防止のためドレーンを入れ、一泊入院・安静を する必要があります。あまり簡単な治療ではありません。」

エラ削りの費用

エラ削りの費用の幅は大きいのですが、実は内容が随分違ったりしています。皮膚の外から切るのは論外ですべて口腔粘膜内からの切開になります、従って」皮膚の傷跡の心配は無用です。

骨削りと言っても何を、どう削っているのか、またどう骨切りしているのかを平易に描いてみました。

Q&Aよくある質問とその答え

エラ削りの医学

小顔を骨という根本レベルから叶える手術が顔面骨の治療ですが、美容外科では顎、エラ削りが一番の需要です。手術は全身麻酔で行うべきであり、この全身麻酔の医療水準がこの20年で随分向上したことが、この治療がますます盛んにしたと言えます。なお今でもクリニックによっては局所麻酔で行う所もありますが、外にキスも残るし姑息的であることは否めないと思われます。